短編アニメーション『生きる』

3年次ゼミ展出展作品。影絵のアニメーションと、実写映像によって作った作品。
AfterEffectと実際の影絵を使用。